gyarari

時に美術は、視覚や触覚の美しさで人々を楽しませるだけではなく、政治や文化を通し、人間の習慣や固定観念に啓蒙的な打撃を与えることがある。
東京・神楽坂に一軒の書店がオープンした。その名は「かもめブックス」。運営するのは、書籍専門の校正会社「鴎来堂」(東京都新宿区)だ。全国で1日1軒というスピードで書店が消えている今、なぜあえて「街の本屋さん」なのだろうか。オープン間もない「かもめブックス」を訪ねてみた。
脳を刺激して活性化に繋がりそうなメディアアートの展覧会をご紹介します。
壊される寸前のオフィスビルが丸ごと一棟、斬新で自由な「美術館」に生まれ変わった。東京・麹町で9月15日まで開かれているアートイベント「#BCTION」。舞台となったのは築50年に届こうというビルで、老朽化などの理由から建て替えが決定、10月には引き渡される運命だ。
先日、ネット上で話題になってた「ギャラリーの困ったオジサン問題」はご存知ですか?例えば若手の絵描きの女性が個展を開きます。そこに一人のオジサンが現れます。そして、そのオジサンは自分が絵画に詳しいことをその若手の絵描きの女性に伝え、その後、「この絵はなってない」という類のことをネチネチと言って、その後「色々と教えてあげるから」と食事に誘ったりするそうなんです。なるほど、そういうオジサンっていそうですし、何かとその女性が困っているのも想像できます。
数多くの憧れの地の中で、世界で最も旅心を強く誘う都市のひとつがイスタンブール。街の元気な発展具合を一番に反映しているのはおそらく地元作家による近代アートと、それを支える近代アートシーン。
「コンブの森」を探検するアザラシ。イソギンチャクの柔らかい触手の中に隠れる鮮やかな色のエビ。美しいハワイの海を優美に泳ぐイルカたち。 マイアミ大学ローゼンスティール海洋・大気科学研究所が開催する「海中写真コンテスト」が今年も行われ、いくつものすぐれた作品が選ばれた。