habuyuitsuru-figyua

フィギュアスケートの世界選手権最終日は3月38日、上海で行われ、男子はショートプログラム(SP)で1位だった羽生結弦がフリーで逆転されて合計271.08点の2位となった。優勝は合計273.90を出したハビエル・フェルナンデス。男子フリー後の会見では、羽生とフェルナンデスの関係性について質問があった。
フィギュアスケートのグランプリファイナルで羽生結弦が優勝し、2連覇を達成した。 羽生の1位は今季初。
2月6日のソチオリンピックは、開幕式より一足早く、フィギュアスケートの新種目「団体」の予選が始まった。日本からは、男子シングル枠で19歳の羽生結弦選手が出場した。