habuyuitsuru

引退発表したロシア代表のエフゲニー・プルシェンコが、ソチオリンピックのフィギュア男子で金メダルを獲得した羽生結弦のコーチに就く可能性があることが分かった。
ソチ五輪でフィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得した羽生結弦を指導するブライアン・オーサー・コーチ(カナダ)は、同じカナダのパトリック・チャンが銀メダルに終わったことに、自身の苦い思い出がよみがえったに違いない。
フィギュアスケート男子ショートプログラムで、羽生結弦選手が素晴らしい演技を見せ、101・45点という歴代最高得点を叩きだした。TwitterやFacebookのタイムラインを見ていても、「フィギュアのことはよくわからないけれど、あの羽生選手の演技には鳥肌が立った」という書き込みが目立つ。
ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングルのフリープログラムは、羽生結弦が、パトリック・チャン(カナダ)を抑え、今大会日本初となる金メダルを獲得した。
腰の負傷で棄権、引退することになったプルシェンコ選手が、羽生結弦について語った。
ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラムで、羽生結弦が、完璧な演技でショートプログラム史上初となる100点台の得点をマークし、14日のフリー演技に向け好発進した。
さあ、待ちに待った「ソチ冬季五輪」が始まりました!大会初日には、フィギュアスケート男子シングル・ショートプログラムで羽生結弦選手が堂々首位を獲得し、幸先の良いスタートを切った日本勢。2月23日まで、私たちMy Eyes Tokyoもテレビに釘付けの毎日となりそうです。今回は、そんな熱戦の舞台であるロシアにまつわるインタビューをお送りします。
2月6日のソチオリンピックは、開幕式より一足早く、フィギュアスケートの新種目「団体」の予選が始まった。日本からは、男子シングル枠で19歳の羽生結弦選手が出場した。
日本スケート連盟は12月23日、フィギュアスケートのソチオリンピック代表を発表した。女子は全日本選手権で優勝した女子の鈴木明子選手のほか、浅田真央選手...
フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、マリンメッセ福岡で第2日の競技を行い、男子はショートプログラム(SP)首位の羽生結弦がフリーでもトップの成績。自己ベストを更新する合計293.25点をマークして初優勝した。