hadashinogen-etsuranseigen

松江市内の学校図書館で、漫画『はだしのゲン』の閲覧制限が撤回された騒動について、ハフポストの読者からは「子ども達の意見を無視しているのでは?」と苦言を呈する声も出ている。
漫画『はだしのゲン』が、松江市立の小中学校の図書館で閲覧制限がかかっていたが、8月26日に松江市教育委員会は各学校への閲覧制限の要請を撤回することを決めた。このことを、同日にハフポストで報じたところ29日までの3日間で20件を超えるコメントが集まった。
漫画『はだしのゲン』が、松江市立の小中学校の図書館で閲覧制限がかかっていた問題で、松江市教育委員会が各学校への閲覧制限の要請を撤回することが決まった。
漫画『はだしのゲン』をめぐって、松江市内の市立小中学校の図書館が閲覧制限をかけている問題で、松江市教委はハフィントンポストの電話取材に対して「被爆描写や歴史認識を問題にしたわけではない」と説明した。子どもにトラウマに与えるような暴力シーンが出てくるために、全巻について「閲覧の際は教師と一緒に見るように」と各学校長に要請したという。
広島での被爆体験を描いた漫画『はだしのゲン』を、昨年12月から松江市内の市立小中学校で閲覧制限がかかっている問題を8月16日に記事にしたところ、19日現在で約30件のコメントが集まった。
「『はだしのゲン』、子供の閲覧制限 松江市教委が要請」というニュースが話題になっていますが、こうしたことで子どもの知る権利が勝手に侵害され、戦争の悲劇を後世に伝えられなくなってしまうことに、危機感を覚えます。