hafintonposuto

私は子供が生まれた8年前から、育児に関する、戸惑い、哀しみ、喜びなどの個人的感情を全部捨てずに、心の中で冷凍保存して生きてきた。
2017年、ハフポスト日本版は、「様々な立場の人がより自由で住みやすい社会になるために」をテーマにしました。
人の数だけ、ダイバーシティの形がある。
ハフィントンポスト日本版は12月18日、キャスターの国谷裕子さんらをお迎えしてイベント「Work and Life これからのダイバーシティ――子育て・介護・働きかた」を開催します。
アフリカ出身で、LGBTなどの性的マイノリティのコミュニティに所属する多様なバックグラウンドの持ち主です。
私たちは、南アフリカの多様さを表現するため、できる限りのことをやっていきたい。
ハフィントンポスト日本版は12月18日、キャスターの国谷裕子さんらをお迎えしてイベント「Work and Life これからのダイバーシティ――子育て・介護・働きかた」を開催します。
「この11年間、ハフポストは人生の中心であり、率直に言って最後の仕事だと思っていた」
ハフィントンポストでは、"インターネットテレビ局"に参入したのも早ければ、撤退を決めたのも早かった。