hafu

この免罪符がないと「様子が変な人」「扱いにくい人」として、場の片隅に追いやられ、攻撃され、無視されるかも。
「一昔前なら分かるけど、今はそんな面倒なこともないやろ」。その一言で片付けてしまうには、少しはやいような気がします。
「自分は日本人である」という個人の意識は、後天的な学習の結果であるに過ぎない。
日本人にもなれない、イギリス人でもない、自分は何者なんだろうと分からなくなった。
みなさんは「ハーフ」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?
ハーフの人は自動的にバイリンガルになっちゃってると思われていることが多いようです。私も昔はそう思ってました。でも、そうではないみたいです。
日本語と中国語と英語が飛び交うワークショップでは、1つだけルールを決めた。他人をリスペクトすること。
東京国際映画祭での上映作品で、フィリピンの作品である。いわゆる戦争における現地妻の問題である。
きっかけは、民進党代表の蓮舫議員が日本と台湾の二つの国籍を持っていると批判された問題でした。
日本では多様なルーツを持つ人が活躍していす。
ハーフに対する日本社会の人種的な偏見という視点から、海外メディアの注目を集めている。
私はインドネシアと日本のハーフなので、両方の感覚を活かして何かしたいという思いもずっと持っていました。
今、マルチレイシャルの人たちが増えています。
正月に放送されたバラエティ番組のワイドナショーが話題になっている。番組内で、社会学者の古市憲寿氏が差別的な発言をしたと批判を受けているようだ。
こんにちは、または初めまして、とりあえずビールと申します。ゲルマン人の夫との生活などについて書いております。現在は日本に住んでおります。
ミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮本エリアナさん(20)は、長崎県佐世保市の出身で、日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持つ。ハーフとして初めて日本代表に選ばれた彼女は「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えている。
毎年、世界大会に向けて選出されるミス・ユニバース日本代表が話題になるが、その内容が例年とは少し違うようである。