haisukoagaru

押切蓮介さんの漫画が原作。90年代のアーケードゲームをテーマにしたラブコメディです。
漫画「ハイスコアガール」が連載再開へ。
人気漫画「ハイスコアガール」が著作権侵害だとして大阪府警に書類送検された問題で、著作権に詳しい大学の研究者や弁護士ら有識者27人が、刑事手続きに反対する共同声明を12月22日に発表した。
大阪地裁で12月2日、人気漫画「ハイスコアガール」をめぐる民事訴訟の第1回口頭弁論が開かれた。「この漫画が著作権侵害をしている」と主張している大阪府のゲーム会社「SNKプレイモア」側は、「166カ所の著作権侵害」という当初の主張を変更し、「1000件近くの不法行為がある」と新たな主張をした。問題の箇所が7倍近くに増えた計算だ。
人気漫画に「法律違反の疑いがある」として、出版社が家宅捜索を受ける事件があった。その漫画は、アニメ化も決まり、計11万部を売り上げていた「ハイスコアガール」だ。90年代のゲームセンターを舞台に少年少女の青春群像を描いたこの作品が、他社のゲームを無断で描いており、著作権法違反の疑いがあるというのだ。漫画家ら計16人が書類送検。民事訴訟の公判も12月2日からスタートする。
漫画「ハイスコアガール」が著作権侵害をしたとして、作者の押切蓮介氏と版元のスクウェア・エニックス社の役員・担当者15人の計16人が、11月17日に大阪府警に書類送検された。
押切蓮介さんの人気漫画「ハイスコアガール」の全単行本が回収されることになった。発行元のスクウェア・エニックス社(スクエニ)が8月5日に決定し、全国の書店に通知した。
ドラゴンクエストシリーズなどで知られるゲームソフトメーカー大手のスクウェア・エニックス(スクエニ)が8月5日、著作権法違反の疑いで家宅捜索を受けた。同社が発行している「月刊ビッグガンガン」で押切蓮介氏が連載していたマンガ「ハイスコアガール」のなかに、別のゲームソフト会社・SNKプレイモアが著作権を持つ人気ゲームのキャラクターが、100カ所以上にわたって無断で使用されていたという。