hamamatsuhotonikusu

脳損傷で失われた運動機能を、残存する脳の別の領域が肩代わりし、しかもその領域がリハビリの過程で変化することを解明した。
ガンマ線撮像用コンプトンカメラの大幅な性能向上に、早稲田大学理工学術院の片岡淳(じゅん)教授らと浜松ホトニクス(浜松市)が成功した。測定の精度や感度が改善し、環境中に放射性物質が集積したホットスポットをよりくっきり撮影できる。「目に見えないガンマ線を迅速かつ正確に可視化する」技術は物理・医療・環境計測などの分野で切望されており、放射性物質の除染対策だけでなく、幅広い応用が期待される。7月23日発表した。
国立天文台は7月31日、ハワイ島の山頂に設置してある「すばる望遠鏡」のカメラを大幅に性能アップし、アンドロメダ銀河の全体像を一度に撮影することに成功したと発表した。新カメラが、宇宙最大の謎である暗黒物質や暗黒エネルギーの解明に一層役立つことを期待したい。