hanakotoan

9月29日よりスタートしたNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』(月~土 前8:00 総合ほか)の初回平均視聴率が21.8%だったことが30日、わかった。
いよいよ最終回を迎えたNHK朝ドラ。この最終週に、サプライズが仕込まれていた。出版のメドも立たず翻訳から何年もが経過し、お蔵入りとなっていた『赤毛のアン』の原稿が、いよいよ陽の目を見るかというクライマックスシーン。
NHK連続テレビ小説『花子とアン』が27日で最終回を迎え、ヒロインを務めた女優の吉高由里子(26)が放送後にツイッターで感謝を綴った。
吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説「花子とアン」が、9月27日に最終回を迎える。19日には平均視聴率が関東地区24.5%を記録(ビデオリサーチ調べ)。
年末のNHK「紅白歌合戦」で、朝ドラ「花子とアン」に出演中の女優・仲間由紀恵さんが司会役を打診された、というニュースが流れました。それに対して仲間さん側は、「ヒロイン役の吉高由里子さんとの"司会共演"を希望したい」と返したのだとか。
吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説「花子とアン」のスピンオフドラマ「朝市の嫁さん」が完成した。ヒロイン村岡花子の幼なじみ、朝市(窪田正孝)の結婚物語が描かれ、10月18日午後7時30分からBSプレミアムで放送される。
ドラマのモデルとなった村岡花子さんが50年間にわたり暮らした東京都大田区が9月13日、彼女の素顔に迫るシンポジウムを開催。花子の孫で「花子とアン」の原案の作者である作家の村岡恵理さんと翻訳家の村岡美枝さん姉妹が、村岡花子の思い出を語った。
脳科学者の茂木健一郎氏が、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(月~土 前8:00)の最終週、最後の3日間(9月25~27日放送の154~156回)に小鳩書房社長・門倉幸之介役で出演する。
第二次世界大戦が始まり、花子の女学校時代の英語教師スコット(ハンナ・グレース)は、カナダへ帰ることに。別れのあいさつにやって来たスコットは、友情の記念として一冊の本を花子に贈る。
現在放送中のNHK連続テレビ小説『花子とアン』ヒロインの妹役に続き、2015年3月スタートの『まれ』でヒロインに大抜擢された新鋭女優・土屋太鳳。朝ドラの新たな“顔”になりつつあるニューヒロインに、『まれ』でのオーディションを振り返りながら、撮影に向けての今の思いを聞いた。