happy

グラミー賞授賞式で、ファレル・ウィリアムスが自身のヒット曲『Happy』のパフォーマンスで、ダンサーたちとともに手のひらを上げ、「#BlackLivesMatter」(黒人の命だって大切だ)運動に敬意を表した。
ファレル・ウィリアムスの「Happy」へのトリビュート動画を5月に投稿して逮捕されたイランの若者グループに、このほど刑が宣告された。
ファレル・ウィリアムスの『HAPPY』ブーム。ガザにも、イスラエルにも届いていた――
人種差別や外国人排斥の「ヘイトスピーチ」を叫ぶ人々が出てきていることに胸を痛めていた。そうだ、日中韓の若い世代で"Happy"を踊ろう。仲間を募った。
今、地球規模での大流行を巻き起こしているファレル・ウィリアムズの楽曲「HAPPY」。70年代ノーザン・ソウルのヒット曲であるヴェルヴェット・ハンマーの同名曲を下敷きにしたレトロソウルをトラックに、「だってボクは幸せなんだ」「手をたたこうよ」と軽やかに歌い上げるこのゴキゲンソング