hariuddo-sekuhara

世界有数の調査会社やジャーナリストなどを利用して被害女性の情報を集めていました。
「撮影現場でヌードになるよう執拗に迫られました。なぜ乳首を見せず、フルヌードにならないのか聞かれました」
故キャリー・フィッシャーがセクハラに反撃。「次はあなたの舌を送りつけてやる」