hashishitate-sianfu

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は、1月27日の朝、記者団に、NHKの籾井勝人会長が就任会見で従軍慰安婦問題について「戦争をしているどこの国にもあった」などと発言したことの見解を問われ、「籾井さんが言っている事はまさに正論」「僕が言い続けてきたことと全く一緒です」などと述べ、理解を示した。
橋下徹大阪市長が中止した「米国出張旅費」のキャンセル料が、公費で負担されていた問題で、このキャンセル料相当額の約69万円を橋下市長に賠償させるよう、市に対して求める住民訴訟を市民団体が起こした。住民監査請求の棄却や今回の提訴について、行政訴訟の専門家はどう見ているのだろうか。
旧日本軍の慰安婦などをめぐる発言で批判が高まっている日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長に対し、大阪市議会(定数86)で30日の本会議に提出される問責決議案が否決される見通しとなった。橋下氏がこの日、決議案が可決されれば市長を辞職して出直し市長選をする構えを見せ...
橋下徹大阪市長による従軍慰安婦関連の発言を報じた朝日新聞に対し、橋下氏が「誤報だ」と指摘している件、これは完全に橋下氏の暴走ですね。
第二次世界大戦中の戦場での従軍慰安婦制度を容認していると「誤報」された――。いや、「誤報」ではない――。日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は28日、旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる自身の発言が正しく報道されなかったとメディアを批判していることについて、「『誤報』ではない」と主張するメディアとの認識の違いを改めて示した...
今朝のテレビニュースなどを見ているかぎりでは、日本維新の会の橋下徹共同代表の発言について、多くの識者やコメンテーターが、一部の理はあるとの同意を示している。確かに一部の理はある。ただしその一部の理は、慰安婦や公娼制度を保持していたのは日本の軍隊だけだと硬直的に思い込んでいる人たちに対してのみ、意味を持つ理だ。
旧日本軍の「慰安婦」だった韓国女性2人と支援団体は、いったん申し入れていた橋下徹日本維新の会共同代表と面談しないことを決めた。面談は24日午前に予定されていた。支援団体関係者は、理由について...
橋下徹大阪市長の沖縄の風俗活用に関する発言が、外交問題に発展するかもしれないという指摘が各所から出ている。これまで数々の問題発言のあった橋下氏だが、いつも沈静化してきた。今回の橋下氏の発言は、日本国内だけでなく、海外でも大炎上中であると、ロバートソン氏が17日に放送された、東京MXテレビの「ニッポンダンディ」で言及。その原因を、橋下市長の発言内容が、うまく英語に訳されていないことであると指摘した…
橋下徹・大阪市長の「慰安婦」発言についての議論が各方面で続いています。米国務省の報道官から「侮辱的な発言」と非難されるなど、波紋は太平洋を超えて広がりつつあります…