hatarakikatakaikaku

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していった3月から、緊急事態宣言が解除される5月まで、官僚たちの働き方はどう変化したのだろうか。アンケートには悲痛な声が寄せられている。
堀江氏は「女性の社会進出の手助けになれば」と話しているが、本当に女性の働き方を改革したいと考えているのであれば、他に優先すべきことがあるのではないか。
今、およそ170万人のサラリーマンが初めてのテレワークをしているという状況にある。その多くが、突然、準備もないままにテレワークに突入しているという状況だ。
54%が「働き方改革で労働生産性は向上しないと思う」と回答。
PRESENTED BY エン・ジャパン
パンデミックで苦しみが広がるなか、「東京五輪 延期」の可能性も覚悟をしないといけない。経済を回し続け、家族について考え、地道なアクションを重ねるために。
「外注するまでが手間。自分でやったほうが早い」って思っていませんか?
PRESENTED BY ランサーズ
「タイミーで働いたユーザーが、そのまま長期のアルバイトや社員に転換する事例も増えている。一回の面接よりも、実際の働きぶりを直接見られた方が採用する側も安心だし楽だと思います」
PRESENTED BY エン・ジャパン
「まだまだMCの働き方改革は試行段階で、ひとまず2月3月の方針です」と綴った。
在宅勤務やリモートワーク……。企業がどんなに「働き方改革」を進めても、職場で使いこなせなければ意味がない。どうやったら社内制度をうまく活用できるのか。
PRESENTED BY アサヒ飲料
「働き方改革」をめぐって、各企業の社員たちが続々と「自分流」改革を生み出している。そんな実践例を紹介します。
PRESENTED BY アサヒ飲料