hatarakujosei

どんな状況で生き抜けるように、若いころから場数を踏み、責任ある仕事にも積極的に取り組むこと。
婦人科検診の制度がある会社は「信頼度が上がる」こともわかりました。
正社員で働くことを希望する20〜40代の女性にアンケートを行いました。正社員で働きたい理由や正社員になる上での不安など、アンケート結果をまとめました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「専業主婦思考」の若者が増えているといいますが、「仕事と育児の両立は無理」という思い込みが原因。実際は、もっと充実感に溢れているようです。
PRESENTED BY ビフェスタ
私にとって"コノヤロー精神"こそが大事なんです。"あの時の悔しい感情を思い出せ!"って。これが一番やる気スイッチオンですね。
子育て中のワーキングママに、出産後の仕事に対する意識調査を行ったところ見えてきたこと。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「女性活用」「女性の社会進出」が叫ばれた年ではありましたが、実際は働く母親を助ける保育制度も整っていませんし、ひとり親世帯のサポートも弱い。
ワーキングマザーが抱える悩みや不満は?また、ワーママに対して周囲が感じていることは?双方の意識調査を行った結果、見えてきたこと。
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性活躍推進法とは、すべての働く女性が、その個性と能力を十分に発揮し、活躍できる環境を整備するための法律。
アメリカのキャリアウーマンはかつては世界をリードする存在だったが、「2015年大統領経済報告」によると仕事を持つアメリカ人女性の割合は1990年以降ゆるやかに下降している。一方で1位に躍り出たのはフランスだ。
女性にとって大きな転機となる、出産。「子育て」と「仕事」は、ママやプレママのみならず、多くの女性にとって重大なテーマとなっている。子育てを大事にしながらも、産後も働きたい女性は、どうしたらいいのか——。
PRESENTED BY Dr.Scholl
サザエさん、ちびまるこちゃん、クレヨンしんちゃん、これらのアニメに共通しているのは、どれも積極的に「家族の姿」を描いたアニメだということと、そこに登場する母親がすべて専業主婦だということです。
40才前後は、働く女性にとって本当の意味で仕事がおもしろくなってきたころです。
これまで幾度となく取り上げられてきたこの話題について、子育て支援・女性支援に民間から携わる身として、私見を述べたいと思います。
私たちがリアルに出会った素敵な方々をリアルにご紹介する「MET People」。第2回目のスピーカーは、麗しきPRプロデューサーの小松崎友子さんです。 メディアを通じて日本をアジアに売り込む仕掛人・小松崎友子さん。さて、小松崎さんはどのように"自分をプロデュース"してきたのでしょうか?
総務省が12日に発表した、2012年の就業構造基本調査によると、25~39歳の女性の有業率(仕事に付いている割合)が、5年前と比べて増えていることがわかった。しかし、夫の収入別に妻の有業率を見ると…