heitosupichi-horitsu

法施行後初となるヘイトデモとなるため、行政の対応が注目されていた。
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーらが、京都の朝鮮学校の周辺で繰り広げた人種差別的な表現の演説や街頭宣伝(ヘイトスピーチ)に対し、2審の大阪高裁は1審に続いて約1226万円の高額賠償と街宣の差し止めを命じた。
10月7日、京都地裁は、在特会(在日特権を許さない市民の会)が京都朝鮮第一初級学校の周辺で行った差別的な街宣活動を「人種差別」とする判決を出した。
野放しになっているともいえる、極端に排外主義的なデモに対して、どのように向き合えばいいのだろうか。この点、激しい在日バッシングを「ヘイトスピーチ」として規制すべきという意見があるが、どのように考えれば良いのか…