heitosupichikaishoho

総務省や東京都選挙管理委員会、そしてNHKの見解は。
「ヘイトスピーチ解消法」施行後初の、民族差別を煽るヘイトデモは、差別に反対する人々の抗議に屈する形で中止された。
法施行後初となるヘイトデモとなるため、行政の対応が注目されていた。
福田紀彦市長は5月30日付で、デモの起点となる公園の使用を不許可にした。
「不当な差別的言動は許されないことを宣言」し、人権教育や啓発活動を通じて解消に取り組むと定めた理念法で、罰則はない。