henshu

広く知られていない専門的な職業をドラマの中でどう描くのか...
電子書籍の普及に伴い将来が不安視されがちな出版業界ですが、大手出版社の安定性は共通して高いと言えそうです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
編集担当になったからには、基本的な行動指針となる『心得』的なものがあった方が良いですよね。私も指針にしている『編集十訓』をシェアします。
オウンドメディアの編集側の方のみならず、ライター側からの参加も多く、両者の本音を語り合える場になりました。
オウンドメディアにおけるエディトリアルカレンダーとは、発信するコンテンツ内容と公開日時などを管理するためのスケジュール表です。
美魔女ブームの仕掛け人として流行を牽引してきた編集者、山本由樹さんが2015年をもって雑誌『DRESS』の編集長を退任した。
メディア関係者であれば手に取った方もいるかもしれない、雑誌『編集会議』2015年秋号の特集の扉ページでこのようなことが書かれていました。特集は「編集2.0」。
日本最大級のニュースサイトを持つヤフーがわざわざ自社メディアをする必要があるのか。素朴な疑問をぶつけてみた。
「あらたにす 学生は言いたい!」の学生編集部スタッフを募集します。メディアやニュースに興味のある学生の方は、奮ってご応募ください。
最近の雑誌Penのタイトルが「もうすぐ絶滅するという、紙の雑誌について」という衝撃的なものでしたよね。たまに雑誌に取材されることのあるBARの経営者としてはこんな印象があります。
世界中の著名人とのネットワークをお持ちの『GQ JAPAN』鈴木正文編集長。世界的に有名な企業人やハイブランド等の創業一族、セレブリティたちの誰もが魅了される素晴らしいプレゼンテーションや、高いコミュニケーションスキルに接する機会も多い鈴木編集長に、本質にこだわる男のプレゼン力について迫った。
日経DUALはどのようにしてワーカホリックを卒業し、子育てをしながらも以前より強いチーム力を発揮するようになったのか? これからの時代のチームワークを体現する同編集部にお話を伺った。
最新号の「WIRED」が面白い。巻頭の特集は「ヒップホップ・スタートアップ」。
企業のマーケティングやコミュニケーションに携わるにつれ、多くの人が編集力を持っていないことに気付かされた。「あれ? やっぱり編集ってスペシャルなスキルなんだ」と。
 出版社でベストセラーを手がけた後、自らデジタルコンテンツ・プラットフォーム「cakes」を立ち上げた加藤貞顕さんとハフィントン・ポスト日本版の松浦茂樹編集長が、ハフポスト日本版オープン目前の4月30日に緊急対談。思想家の東浩紀さんがプロデュースする知的空間「ゲンロンカフェ」(東京・五反田)を舞台に、これからのメディアに求められる「編集力」とは何かを徹底的に話し合いました。その論点をまとめてご紹介します。「もしドラ」電子書籍化の舞台裏、さらに続きます。
 出版社でベストセラーを手がけた後、自らデジタルコンテンツ・プラットフォーム「cakes」を立ち上げた加藤貞顕さんとハフィントン・ポスト日本版の松浦茂樹編集長が、ハフポスト日本版オープン目前の4月30日に緊急対談。思想家の東浩紀さんがプロデュースする知的空間「ゲンロンカフェ」(東京・五反田)を舞台に、これからのメディアに求められる「編集力」とは何かを徹底的に話し合いました。その論点をまとめてご紹介します。今回の話題は、「もしドラ」電子書籍化の舞台裏です。
 出版社でベストセラーを手がけた後、自らデジタルコンテンツ・プラットフォーム「cakes」を立ち上げた加藤貞顕さんとハフィントン・ポスト日本版の松浦茂樹編集長が、ハフポスト日本版オープン目前の4月30日に緊急対談。思想家の東浩紀さんがプロデュースする知的空間「ゲンロンカフェ」(東京・五反田)を舞台に、これからのメディアに求められる「編集力」とは何かを徹底的に話し合いました。その論点をまとめてご紹介します。今回の話題は、媒体はどんなふうに愛されているのか。愛されるコツとは?
 出版社でベストセラーを手がけた後、自らデジタルコンテンツ・プラットフォーム「cakes」を立ち上げた加藤貞顕さんとハフィントン・ポスト日本版の松浦茂樹編集長が、ハフポスト日本版オープン目前の4月30日に緊急対談。思想家の東浩紀さんがプロデュースする知的空間「ゲンロンカフェ」(東京・五反田)を舞台に、これからのメディアに求められる「編集力」とは何かを徹底的に話し合いました。その論点をまとめてご紹介します。今回の話題は、ハフポストのブログや「cakes」が求める書き手とは?