hibaku

過去にこれほどの内部被曝をした例は、国内ではないという。
自分自身の知識の限界と、誤った情報が人々の生活に与える影響について同時に知ったことが、私にとって福島との出会いで最も衝撃的だったことのひとつだ。
I never saw the actual results of misinformation until I moved to Fukushima. Now, I see them everywhere.
もっと聴こう。もっと会いに行こう。何かわかるかもしれない。そんな風に気持ちが高まっている時に、ふと思いました。「私は被ばく証言を消費してはいないだろうか」と。
福島の3病院に導入された内部被曝量検査機による2700名規模の乳幼児の検査の結果、全員から放射性セシウムは検出されませんでした。
原発事故に対する事前の備えとして、避難に伴う健康リスクを減らす余地が極めて大きいことです。
1945年8月6日に広島に原子爆弾は投下され、その被曝による健康影響を調査しているのが放射線影響研究所(以下放影研)であります。
フランスがポリネシアで211回、アメリカがマーシャル諸島、キリバスで107回、イギリスがミクロネシアで38回など合計350回以上の核実験を行った。実験作業に従事したポリネシアやミクロネシアの住民が被曝し、緑豊かな美しい島々は、植民地支配の最後の負の遺産ともいうべき、核実験の悲劇の地にされた。
福島市内の大型商業施設で、当時15歳だった愛知県北名古屋市の少年(16)が18歳未満であることを知りながら、原発事故で飛散した放射性物質に汚染された草や土を取り除く作業をさせた疑いがある。
震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。