hibakudensha

原爆投下当時、広島電鉄の運転士だった増野幸子さんにインタビューした。彼女は70年前のあの日、爆心地から約2.1kmの女学校の寮で被爆。背中に114個のガラス片が刺さる重傷を負いながらも、九死に一生を得たという。
広島に原爆投下されてから、8月6日で70年を迎える。被爆者も高齢になり、当時の体験を語り継ぐことが困難になる中で、広島県に住む30代の女性がユニークな試みが注目を集めている。
広島市に原爆が投下されてから、まもなく70年。被爆しながらも、戦後も広島市内を走り続けた広島電鉄の路面電車が当時の塗装を再現し、6月13日に運行を始めた。