hibochusho

木村花さんの葬儀には、多くの仕事仲間や友人・知人らが葬儀に参列したという。
寄せられた誹謗中傷や脅迫行為などに対しては「法的措置も検討しています」と明かした。
人は時に、傷つけられた言葉を背負って生きていかなければならなくなる。誹謗中傷やいじめをしてもいい理由なんて絶対にないのだ。
木村花さんがSNS上で誹謗中傷を受けた後に亡くなったことについて、対策や見解を問われた。
匿名の書き込みで相手の尊厳を傷つけ、追い詰めるネットの誹謗中傷は「指殺人」とも呼ばれる。「加害者の法的責任を問いたくても、被害者が泣き寝入りすることがほとんど」。ネット問題に詳しい弁護士は、法制度の不備を指摘する。
「噂に尾ひれがつく事でネットに半永久的に文字が残る事を意識してほしい」
有名人が自分に関する罵倒ツイートにうまく切り返す。それは微笑ましい光景だ。でもホームレスの人が自分への罵倒を見てしまったら……。
個人が匿名の相手の素性を明かすことは許されるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。
駅に立ち、街頭で演説をすることが怖くなって出馬を取りやめたり、政治家を辞める人がいる。大抵は女性の話しだ。
修学旅行で5月に長崎を訪れた横浜市の公立中学校3年の男子生徒数人が、爆心地周辺を案内していた被爆者で語り部の森口貢さん(77)に対して「死に損ない」などの暴言を発し、森口さんが学校に抗議していたことが6月7日、分かった。