hiko

少年院を出院後、再び非行・犯罪に走る少年たちが問題となっている。矯正教育で、今何が求められているのか。
まるで自前の熱気球を作り出したかのように種子を浮遊させていることを明らかにした。
少年による殺人や、虐待などの再発を防ぐには何が必要なのか。子供の世界の争いごと、役所の持つ問題点を解決するには? 専門家が語った。
ちょっとこれは、究極で決定版のドローンの登場かもしれないと期待させるドローンの登場です。名前は「LILY」、製品名ではなくて、名前という表記が似合うこのドローン。
米国では現在、ドローンは一般の人がネット通販や店舗などで簡単に購入することができます。ですので、趣味や娯楽としてドローンを飛ばしたいという人が急増しています。
中国国防省が尖閣諸島上空を含む東シナ海に設定している防空識別圏で、指示に従わない全ての航空機に「軍当局が防御的緊急措置をとる」とした運用規則を、航空当局が各国向けに通知した航空情報から削除していたことがわかった。
最も大事なことは「親がきちんとチェックをすること」であり、LINEをはじめとしたネットサービスは、それが可能となるような機能を実装するべきであると私は考えます。
多忙にて、前回記事よりだいぶ間が空いてしまいました。子どもとLINEをめぐる記事の第2回です。今回は、A子さんがなぜ援助交際に至ったかを書きます。
LINEの中で起こる「いじめ」について、多くの保護者から実例や懸念の声が寄せられています。その中でも、ある意味行き着くところまで行ってしまった...すなわち、LINEで援助交際を行うところまで至ってしまった女子中学生、そしてそのお父さんから、直接お話を聞く機会がありました。