himitsuhogoho

個人的には今回の18歳選挙権成立に至るプロセスで、「国民の声を反映する」ということの難しさをまた一つ感じた次第です。
個人的には今回の18歳選挙権成立に至るプロセスで、「国民の声を反映する」ということの難しさをまた一つ感じた次第です。
週刊エコノミストの編集部から、「盗聴法(通信傍受法)」について取材を依頼されたが、丁重にお断りした。
緒方用光(もちみつ)さん。1924年2月11日、神奈川県藤沢市宿生まれ。現在91歳。映画配給会社、九州シネマ・エンタープライズ(福岡市)現役社長。前九州ヘラルド社長。最初に入社したのは満州映画協会(満映)だった。
「自己責任論」「“イスラム国”呼称問題」そして日本のインテリジェンス。後藤さんと湯川さんの殺害事件は、日本の根本的な問題を浮かび上がらせた――
特定秘密保護法について、内閣情報調査室は海外で学んだ経験や働いた経験がある人は国家機密を漏らす恐れが高まるとして、学歴や職歴の調査が必要だと強調していたことがわかった。
特定秘密保護法が十二月十日から施行されます。この法律が施行されることにより、ようやく日本でも法律に基づいた秘密の管理が行われることになります。
自由と民主主義、そして言葉を守るために何ができるかを考え行動することは、これからが正念場と言えるだろう。
米ツイッターが連邦政府を相手取り、情報開示の権利を求めて北カリフォルニアの裁判所に提訴した。 言論の自由を保障した合衆国憲法修正第1条に違反するとしている。
アメリカの安全保障専門家が、政府が示した特定秘密保護法の運用基準案は「甚だ不十分であり、改定されるべき」とするパブコメを提出した。