hinin

経口中絶薬が未だに承認されていない日本。そんな国に住む女性に、中絶薬を遠隔医療サポートサービスで提供する海外の非営利団体がある。
13人にひとりはレイプ被害経験者の日本。日本のSRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス & ライツ)。世界と比べて、女性の体は、大切にされていない
「避妊の手段が多いほど、個別の女性のニーズに応えられる可能性が高くなります」
恥でもエロでもタブーでもなく、人生と社会の幸せの話、そしてもちろん「あなた」に関係する話。
無料で提供される避妊法は、避妊経口ピル、避妊リング、ホルモンカプセル、子宮内避妊システム、皮膚パッチ剤、インプラントにコンドームなどと多岐にわたる。
トランプ氏の姿勢は複雑だ。
世界保健機関(WHO)は毎日約830人の女性や少女が、妊娠や出産の際に避けられるはずの問題が原因で死亡していると算出している。