hinoakirataro

目標を数値化して日々目標を追うことで、たしかに数字自体は右肩上がりで伸びていくのですが、それと同時にすごいスピードで人が辞めていくのです。
強いチームを作るためにはなるべく仕事を「振る」のではなく「任せる」ようにしていかなければなりません。
多くの人が「生産性を上げるのは大切だ」と言いながら、実際には非常に生産性が低い状態で働いているのです。
やる気がなくなって目標が達成できなくなったら、また設定しなおせばよいのです。
異動や転職といった事情で、今までいたチームを離れて新しいチームに移らなければならなくなることがあります。環境が変われば、また新しくいろいろなことを学習し、環境に適応していかなければなりません。
強いチームをつくるために必要な学習戦略について。
チームで働いていれば、時には議論をすることもあるはずです。
日野瑛太郎さんによる「チームで仕事をする際の振り返り」について。失敗をしてしまった時にすばやく気持ちを切り替えて立ち直れる人はいいのですが、失敗してしまった自分を過度に責めてしまう人たちがいます。
そんなチーム内における適切なコミュニケーションの方法、特に仕事の指示の与え方ついて考えます。
突然ですが、あなたのチームの「会議」はうまくいっていますか?ここで自信を持って「うちのチームの会議はうまくいっている」と答えられる人は、おそらくあまりいないのではないかと思います。