hinokikafun

記録的な暖かさとなっている今年の冬は、花粉飛散予想時期も早まる予想です。
東日本や西日本では20℃を超えるところが多く、春本番の陽気に
花粉の発生源である多摩地方のヒノキ花粉の飛散数がここ5年にはないほど多量となっています
そもそも、いつ、なぜ、どのぐらいの人が発症しているのでしょうか?
2014年12月3日 日本気象協会は全国・都道府県別 2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第2報)を発表しました。