hiranoayumiyume-orinpikku

「シンプルにスノーボードにどっぷり漬かって、そのまんま消えて行きたい――」。かつて、「腰パン」騒動で批判され、今、メダリストを支えるスノーボーダー・國母和宏さんの言葉。
2月12日未明、ソチオリンピック・男子スノーボードハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が2位、平岡卓が3位に入り、今大会、初の日本勢のメダル獲得となった。
ソチ冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプ(11日)で、15歳の平野歩夢が五輪3連覇を狙うショーン・ホワイト(米国)に挑戦する。