hirari-kurinton

「フェイクニュースのゴッドファーザー」は、フェイクニュース報道に関して、ジャーナリストが知っておくべき4つのアドバイスを示している。
機密情報には侵入されなかったが、フレデリクセン氏はハッキングを深刻にとらえている。
スナップチャットで、新しい髪型を披露。ネット上の反応は……。
オバマ前大統領が4つの大陸でアメリカの影響力を取り戻すことを目指した8年間の努力は終わった。
フリン氏とその息子、マイケル・フリン・ジュニア氏は大統領選でクリントン氏や、バラク・オバマ前大統領に関する根拠不明の陰謀論をSNS上に拡散させていた。
「大統領がそう確信しているのは間違いない」
今回のアメリカ大統領選は、変化を全く期待できないヒラリーよりも政治の素人でも、いや素人ゆえに変化を期待できるトランプという構図である。
FBIの決定が覆ることはないが、今後さらに問題が発見されれば見直しの範囲が広がる可能性はある。
指示をしたのはプーチン大統領、狙いはクリントン氏への妨害とトランプ氏の当選だ。
プーチン大統領の目的は、ヒラリー・クリントン氏の信用をおとしめ、トランプ氏の当選の可能性を高めることだった。
「ロシアは情報をくれなかったと言っている!」
「ヒラリー芸人」として活躍する石井てる美さんは、東大から外資コンサル「マッキンゼー」を経て、お笑い芸人に転じたという異色の経歴を持つ。なぜ、エリート街道を捨てて芸人の道へ?
上下両院は1月6日に議会を開き、選挙人の票を集計することになる。
「Facebook社は、ようやく偽ニュース問題を受け入れる意向を示した」
「なぜ俺のビジネスが違法だって言えるんだ?」
「ロシアなのか中国なのか他の誰かがやったのかは分からない」
「トランプ氏も議会には、悩まされることになるだろう」
このレストランは、「ピザ・ゲート」という陰謀論で知られている。
これまでのアジア太平洋地域における国際秩序の根幹を揺るがすような「変化」が起こる可能性を覚悟せねばならないでしょう。
「悪夢のシナリオ」もありうると予想する池上氏に、大統領選の様子を振り返り、今後を展望してもらった。