hitachi

欧米官民が忌避する原子力ビジネスのリスクを背負わされるのは、結局日本国民になりそうだ。
6月下旬に発足する東京電力ホールディングス(HD)の「新体制」が決まった。
家事をもっと楽に、便利に。そんな願いを込めて、メーカーは知恵を絞ってきた。
写真をクリックすると、答えが分かります。
そこには、暮らしの質を改善しようと奮闘していた開発担当者の思いが見える。
日立製作所が受注したイギリスの高速鉄道の新型車両が初お目見え。
各金融機関の財務のプロたちの関心の的は粉飾決算の背景にある、膨れ上がった「のれん代」や「繰り延べ税金資産」の行方と、その先に控える"債務超過危機"である。
私は昨年の今頃にも福島第一原発を訪れているが、この時に見せてもらったALPSは、「高性能」という言葉がついていないALPSだった。
JR東日本では、エル特急〈ひたち〉に使用している国鉄特急形電車485系の老朽取り替え用として、651系の開発に着手し、1988年12月に登場した。基本編成7両、付属編成4両で、列車の輸送量に応じて増解結できる態勢をとった。
一昨日のGuardian記事によれば、Hitachi to move global rail headquarters from Tokyo to London、との事である。目に付くのは、何といっても1971年生まれと若いジョージ・オズボーン蔵相の下記国民に対し明るい未来を説くコメントである。