hitora

男は「ハーラルト・ヒトラー(Harald Hitler)」と名乗っていた。
「危機になると人は判断力を欠いてしまう」
第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基にした映画『ヒトラーの忘れもの』に主演するローラン・ムラが、ハフィントンポストの取材に応じた。
「人種差別主義、反ユダヤ主義で、同性愛嫌悪だ」
「いろいろあるが、タイムはとても重要な雑誌だ」
12月8日は「国民が国家の行く末に関われなかったことを噛み締める日だ」
「トランプの国、白人以外お断り」
オーストリア北部ブラウナウに残るナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラー(1889~1945)の生家として知られる建物について、同国のヴォルフガング・ソボトカ内相は建物を取り壊す方針だと述べた
フィリピンのドゥテルテ大統領は10月2日、麻薬対策に関連して自らをナチス・ドイツの独裁者ヒトラーになぞらえた発言について「虐殺された600万の人々をおとしめる考えは全くなかった。ユダヤ人社会に対し心から謝罪する」と謝罪した。
「わかっているつもり」がいかに危ういかということも思い知らされました。
「最も興味深いのは、子煩悩過ぎる父親と冷血な殺人鬼が共存していることです」
アンネ・フランクが記した"最後の日記"から8月1日で72年を迎えた。
総理大臣として野党と対峙せずに逃げだしてしまったこと。それをごまかして体調が悪かったんだと都合の良い話にすり替えること。これをひ弱と言わずに何と表現するのか。
現在、第3刷まで発行されており、発売部数はさらに増える見通しだ。
今もナチスのために行方がわからなくなった美術品は、少なくとも10万点はあるという。
新博物館はナチス党の党本部の建物、ブラウネス・ハウス(茶色の家)があった場所に建てられた。「茶色」はナチス党の色でもある。
ヒトラーが自殺を遂げた地は、今どうなっているのか?
旧稿で扱ったのは、当時、戦後ドイツで事実上禁書扱いになっていた『マイン・カンプ』の著作権がアドルフ・ヒトラーの死後70年で終了するので、以後は誰でもこの魔書を自由に出版できることになり、ドイツ政府もバイエルン州政府も頭を抱えているという問題であった。今年の大晦日がその日に当たる。
ギリシャの債務延長問題が「借りた者勝ち」の状態になっています。