hoikuenkaienhantai

反対運動で本当に話し合うべきなのは、反対する人と行政ではなく、反対する人と賛成する人、つまり利用したい人のはずだ。