hokkaidoshinkansen

JR北海道、警察、消防などは、青函トンネル内で列車の火災事故を想定した訓練が、定期的に行なわれている。
日本最長距離旅客列車の臨時寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉が廃止された。次のタイトルホルダーはどの列車なのか? 
新聞各社が2014年12月5日の朝刊で、寝台特急〈北斗星〉が2015年3月のダイヤ改正をもって、定期運行から撤退する方針を固めていると報じた。これにより、ブルートレインの定期運行は57年の歴史にピリオドを打つ。
定期運行を続ける最後のブルートレインとして知られる寝台特急「北斗星」(上野ー札幌)が、2015年3月のダイヤ改正で廃止される方向となったことが12月4日、分かった。
2015年度末に開業予定の北海道新幹線で走る列車の名前が決まった。
JR北海道は2014年6月11日に北海道新幹線の駅名と信号所名を発表した。当面の終着駅は「新函館北斗」という"複合駅名"で一件落着。本州側の駅名も町民の熱意が天に通じた。 【協力:青森県東津軽郡今別町】
寝台特急〈トワイライトエクスプレス〉は、1989年7月21日に運転開始した。大阪―札幌間1502.5キロを21時間09分かけて走る列車で、当初はJR西日本と旅行代理店などのタイアップによるツアーに参加しないと乗れなかった。
JR北海道は4月16日、2016年3月に開業予定の北海道新幹線に使う新型車両「H5系」のデザインを発表した。相互乗り入れする東北新幹線のE5系と基本の色や形は同じだが、アクセントのラインをラベンダーなど北海道をイメージする紫色にした。
寝台特急「ブルートレイン」が2015年度末までに全面廃止される見通しであることが、11月7日に判明した。2014年3月のダイヤ改正で「あけぼの」(上野〜青森)が姿を消し、「北斗星」(上野〜札幌)は2015年度末の北海道新幹線の開業に合わせて、同年度中に廃止される見通しだ。半世紀以上に渡って鉄道ファンの人気だった青い寝台列車も見納めとなりそうだ。
日本列島の中で新幹線が走っていない、もしくは開通のめどがたっていない唯一のエリアをご存知だろうか?それは四国…