honda-sakka

ボローニャ戦、先発出場した本田圭佑だったが、見せ場なく途中でベンチに退いている。現地イタリアの記者は低い点数をつけ、厳しい評価を下した。ターラブとの比較ではより鮮明にそれがわかる。
8日ナポリ戦で招集メンバーから外れた本田圭佑。期待値が高い選手だけに、現地紙では特集が組まれた。そこにあるのはあまりに厳しいものだった。だが、なぜ彼はそこまで評価を下げたのだろう。ガゼッタの文脈から読み解いていく。