honda

サッカーというのは不思議なスポーツで、ワールドカップに出てない年でも、期間中はお祭り騒ぎになるほどに人気な国があるかと思えば、逆に特にアメリカ人なんかはいまだに、「ワールドカップ?ああ、やってるらしいね。ところでアメリカって出てるんだっけ?(最近ずっと出てますよ!)」的な人が結構いたりする人気の偏在っぷりが特徴です。
タイ軍が5月22日にクーデターを宣言して夜間外出禁止令を出したことを受けて、トヨタ自動車とホンダがタイ工場の夜間操業の中止を決めるなど、日本企業の事業運営にも影響が出始めた。
ホンダは、同社が開発する小型ジェット機「ホンダジェット」が、米連邦航空局から型式検査承認を受けたと発表した。これにより、量産に向けた最終的な試験飛行ができることとなり、2015年に量産の準備が整うという。
おびただしいオートバイが信号のない大通りを埋め尽くす。夜になっても気温は下がらず、半袖一枚で出歩くことができた。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!?「アウトバウンド」の巻その3。やまもといちろうさん、竹内宏彰さん、青木美沙子さん。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!?「アウトバウンド」の巻その2。やまもといちろうさん、竹内宏彰さん、青木美沙子さん。
ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!? 二回目の放送「アウトバウンド」の巻です。慶應義塾大学メディアデザイン研究科(KMD)のポリシープロジェクト、略して「ポリプロ」がお届けするニコ生、学生が運営しています。今回は手作りの会場、私が所属する融合研究所のオフィスです。
Google が、甲信地方の豪雪災害エリア内の道路通行実績情報を提供開始しました。専用サイトで過去4時間の通行実績を確認できます。更新は1時間毎。PC とスマートフォンのブラウザでアクセス可能です。
米消費者情報誌『コンシューマーリポート』が行った自動車ブランドの好感度アンケートの結果が出たのでお伝えしよう。今回、堂々1位に輝いたのはトヨタ、次いでフォード、ホンダ、シボレーの順となった。認知度が大きく上がったのはテスラで、47ポイントを獲得して5位につけた。米国では決して大手メーカーとは言えないスバルも、トップ10入りを果たしている。
26日のカリアリ対ACミランの一戦は1-2でミランが逆転勝ちした。本田圭佑は先発フル出場。先制され、苦しい展開だったが、本田のアシストもあり、なんとか苦しい試合をものにした。現地をどう評価したのか?
今日の本田について現地はどう見たのか? イタリアデビュー戦となった前節のサッスオーロ戦、ゴールを決めた15日のイタリア杯5回戦スペツィア戦では高い評価を得ていたが、今節は得点に絡めなかったこともあり、ミラン番記者の評価は低いものになっている。
今年のル・マン24時間レースに復帰するポルシェが、それを記念するビデオを制作したように、2015年にパワーユニット・サプライヤーとしてF1世界選手権に復帰するホンダも、その意気込みを伝える映像を公開しているのでご紹介しよう。
ホンダは、同社が開発する小型ジェット機「ホンダジェット」が、米連邦航空局から型式検査承認を受けたと発表した。これにより、量産に向けた最終的な試験飛行ができることとなり、2015年に量産の準備が整うという。
毎年恒例となっている、自動車業界誌『Ward's Automotive』による来年の「10ベストエンジン」賞の選考では、ディーゼル向けやターボチャージャー付きのものが目立つ中、EVのフィアット「500e」が搭載する最高出力83kW(111hp)の電気モーターもリスト入りを果たしている。
「シビック」や「アコード」で米で最も盗まれやすいクルマの1位と2位を独占したホンダが、バイクでも盗難の数がトップだったという調査結果を入手したのでご紹介しよう。NICBの調べによると、2012年に盗まれた二輪車46061台のうち、9082台がホンダ製だったという。
金融情報サイト『ブルームバーグ』は、ホンダがグローバルな会議(他国にある支社や工場などにいるスタッフとの会議)においては、出席者は英語を使うようにという方針定めたと報じている。
現在開催中の東京モーターショーで、ホンダが1964年のF1世界選手権参戦のために製作した日本初のF1マシン、「RA271」を公開しているのでご紹介しよう。
海外メディアは、世界第3位と言われる日本市場で海外メーカーが苦戦している点や、世界最大の市場となった中国における日本メーカーの苦戦を報じている。
2年に1度の東京モーターショーが、東京ビッグサイトで開幕した。世界12ヶ国から170社以上が参加。12月1日(日)まで一般公開される。近年自動車の販売台数が落ち込む中、各社は消費者の新車需要の高まりを期待している、と報じられている。
最新のエコカーが並ぶ東京モーターショーが20日、報道向けに公開された。日本勢は円安の追い風も受けて復調し、ハイブリッド車(HV)などで世界をリードした環境技術の「本場」の自負がにじむ。