hondakeitasuku-acmiran

マー氏は、290億ドル(約3兆2000億円)ともいわれる個人資産を有しており、買収への金銭的な障害はない。
イタリアのサッカー1部リーグであるセリエAで、本田圭佑の所属するACミランは9月14日、敵地でパルマと対戦し、本田が2試合連続ゴールを挙げて5―4で競り勝ち、開幕2連勝を納めた。
サッカーのイタリア・セリエAは7日、各地で試合を行い、本田圭佑を擁するACミランはジェノアを2─1で制した。本田はフル出場し、セリエA初ゴールで勝利に貢献した。
サッカー・日本代表の本田圭佑選手が、ファッション雑誌「ヴォーグ」に登場する。YouTubeには、メイキングビデオが公開され、「海外で成功するには自分をマネージメントできるかどうか」「ピッチで90分で表現するしかない」など、本田選手らしい言葉が飛び出した。
ユベントス戦から一夜明け、本田圭佑の現地評価は厳しいものが並んだ。ボランチという慣れないポジションでのプレーであったにもかかわらず、敗戦したせいもあるのか、その寸評には一切の擁護はなかった。
本田圭佑が1月11日のサッスオーロ戦でセリエAデビューを果たしてから約2ヶ月。ACミランは依然としてチャンピオンズリーグ(CL)圏内から遠い9位に低迷している。ヨーロッパリーグ(EL)圏内の6位・ベローナとの差は4でまだ逆転の可能性はあるが、3位・ナポリとの差は15と来季CL出場は絶望的。本田自身もいまだリーグ戦ではゴールを奪えず、チームの救世主になりきれていない。
14日のボローニャ戦、本田圭佑は先発出場しながらも見せ場をつくることが出来ず、途中交代。ファンからはブーイングを浴びた。現地でも各紙、本田に対して厳しい評価を下している。
ブーイングの中、ピッチを後にした本田圭佑。得意とするトップ下ではないとはいえ、パフォーマンスは悪かった。なぜ右サイドで彼は活きないのか。チーム状態にも問題があるが、その要因の多くは本田自身にある。
8日ナポリ戦で招集メンバーから外れた本田圭佑。期待値が高い選手だけに、現地紙では特集が組まれた。そこにあるのはあまりに厳しいものだった。だが、なぜ彼はそこまで評価を下げたのだろう。ガゼッタの文脈から読み解いていく。
2012年6月から開校した本田圭佑監修のサッカースクール。現役の代表選手がスクールを開くこと自体異例と言えるが、そこでは一体どういったことが行われているのか。本田のマネージャーであり、スクールの責任者でもある榎森亮太氏に話を聞いた。(取材は2012年8月時のものです)