hondakeitasuku-seriea

イタリアのサッカーセリエAは、8月31日(日本時間9月1日)に各地で2014-15シーズンの開幕戦が開かれ、ACミランFWの本田圭佑は、ラツィオ戦で今季初ゴールを飾った。
サッカーのイタリア・セリエAは7日、各地で試合を行い、本田圭佑を擁するACミランはジェノアを2─1で制した。本田はフル出場し、セリエA初ゴールで勝利に貢献した。
8日ナポリ戦で招集メンバーから外れた本田圭佑。期待値が高い選手だけに、現地紙では特集が組まれた。そこにあるのはあまりに厳しいものだった。だが、なぜ彼はそこまで評価を下げたのだろう。ガゼッタの文脈から読み解いていく。
26日のカリアリ対ACミランの一戦は1-2でミランが逆転勝ちした。本田圭佑は先発フル出場。先制され、苦しい展開だったが、本田のアシストもあり、なんとか苦しい試合をものにした。現地をどう評価したのか?
今日の本田について現地はどう見たのか? イタリアデビュー戦となった前節のサッスオーロ戦、ゴールを決めた15日のイタリア杯5回戦スペツィア戦では高い評価を得ていたが、今節は得点に絡めなかったこともあり、ミラン番記者の評価は低いものになっている。