honebutonohoshin

骨太の方針は、15年は「財政再建よりも成長」、16年は「600兆円経済への道筋」と変遷、その時の経済状況や政策の力点をよく表している。
骨太の方針2015の素案が公表された。素案の23ページに、「改革努力のメルクマールとして、2018年度のPB赤字の対GDP比1%程度を目安とする」という一文が。
いわゆる「骨太の方針」では、2020年度の財政の黒字化目標を守っています。しかし、その前提は、名目3%、実質2%の高い経済成長を見込むものです。
財政再建に関する骨太の方針がいよいよ議論のテーブルに載ってくる。しかし、まだ、諮問会議の民間議員と自民党の行革推進本部で食い違いがある。
安倍晋三首相は6月13日、首相官邸で記者団に対し、現在30%台半ばの法人税の実効税率(国税・地方税を合わせた税率)について「数年間で20%台に引き下げることを目指す」と表明した。
政府税制調査会は23日、基礎問題小委員会を開き、女性の働き方の選択に対して中立的な税制として検討課題となっている「配偶者控除」の見直しについて論点整理を行った。 所得税の課税範囲や他の控除も含めた幅広い検討が必要との認識で一致。具体的な見直しの方向性については結論を先送りした。中里実・税調会長が終了後の会見で明らかにした。
政府の経済財政諮問会議が設置した専門調査会「選択する未来」委員会(会長・三村明夫に本商工会議所会頭)は5月13日、日本経済の持続的な成長に向けた課題をまとめた中間整理案を公表した。出産・子育てへの政府の支援を倍増し、50年後も1億人程度の人口維持を目指すとの目標を盛り込んだ。
 日本の政府が少子化対策に取り組み始めて、もう20年に及ぼうとしているが、合計特殊出生率は思うような回復をみない。そこで、安倍内閣は6月14日、4年ぶりとなる「骨太の方針」(正式名称:経済財政運営と改革の基本方針)を閣議決定、女性の活躍促進や少子化危機突破に向けた方針を盛り込んだ。ハフィントン・ポストでは、これらの対策をまとめてきた森雅子少子化対策担当大臣に、ユーザーの方から募った質問もまじえ取材。前編では少子化対策の全貌について、中編では関心度の高い「3年育休」や「待機児童解消」などについて聞いてきた。後編では、関係省庁の縦割り行政をどう克服するのか。また、森大臣自身、働く女性として育児と子育てをどのように両立してきたかをたずねる。
 日本の政府が少子化対策に取り組み始めて、もう20年に及ぼうとしているが、合計特殊出生率は思うような回復をみない。そこで、安倍内閣は6月14日、4年ぶりとなる「骨太の方針」(正式名称:経済財政運営と改革の基本方針)を閣議決定、女性の活躍促進や少子化危機突破に向けた方針を盛り込んだ。ハフィントン・ポストでは、これらの対策をまとめてきた森雅子少子化対策担当大臣に、ユーザーの方から募った質問もまじえ、多岐にわたって全貌が見えにくい少子化対策について取材。前編では少子化対策の全容について聞いた。中編では、「育児休業3年」や「待機児童解消」など国民の間でも注目を集めている政策を具体的にどう進めていくのかをたずねる。
 日本の政府が少子化対策に取り組み始めて、もう20年に及ぼうとしているが、合計特殊出生率は思うような回復をみない。そこで、安倍内閣は6月14日、4年ぶりとなる「骨太の方針」(正式名称:経済財政運営と改革の基本方針)を閣議決定、女性の活躍促進や少子化危機突破に向けた方針を盛り込んだ。ハフィントン・ポストでは、これらの対策をまとめてきた森雅子少子化対策担当大臣に、ユーザーの方から募った質問もまじえ、多岐にわたって全貌が見えにくい少子化対策について取材した。まずは、今までの政策とはどこが違うのか――。