honkon

中国の「香港国家安全維持法」が領土を超えて、域外適用されている。これは、国際法の常識を超える異様な事態だ。
3月に比べて30%増加。「このような劇的な変化はこれまで見たことがありません」研究者も驚く。
『ムーラン』のエンドロールでは、「China Special Thanks(チャイナスペシャルサンクス)」の文字と共に、新疆ウイグル自治区にある中国共産党の宣伝部や公安部の機関名が複数挙げられている。
黄さんの外見だけをあげつらって投稿されたものと思われるが、当の黄さんは積極的に反応。回り回って本人の名を冠したチーズ牛丼が生まれてしまった。
香港政治に詳しい倉田徹教授(立教大学)「中国の外交は決して順調ではない。欧米諸国では反中感情を高める効果を生むなど、かなりコストが高い」
作品を海外に移したり、香港を離れることを選択する香港のアーティストたち。政治的なメッセージを含んだ作品の制作を控えるなど自己検閲が強まる中、阿塗さんは香港にとどまり心のままに制作を続ける。
逮捕時に、欅坂46の「不協和音」が頭に浮かんでいたと語った周庭(アグネス・チョウ)さん。民主化を目指し立ち上がる香港の人たちにとって日本のアニメやマンガが果たす役割とは?
実はこのスピーチ、香港民主派には馴染みの深いものだった。