horokosuto

フランスの現代美術家、クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会「アニミタス−さざめく亡霊たち」が9月22日、東京都庭園美術館(港区)で開幕した。庭園美術館は、1933年に朝香宮邸として建築されたアール・デコ様式の絢爛たる建物。歴史の舞台となった旧朝香宮邸で、国際的なアーティストがそこに住まう「亡霊たち」の声に耳を傾けてみたら……?
アメリカ大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の長男ドナルド・トランプジュニア氏は9月14日、選挙運動の報道が「メディアのダブル・スタンダード」だと批判した時に、ナチス・ドイツのユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を引き合いに出した。
「すべては、天が決めたこと。理由など私たちにはわかりません」
どうしても気になることがある。なぜ「加害者としての歴史」の継承の努力は極めて少ないように見えるのか。
国や地域の歴史・戦争史観、日本や米国との外交関係など様々な要因を直接反映したり、また影響を受けたりしながら原爆理解を作り出している。
「最も興味深いのは、子煩悩過ぎる父親と冷血な殺人鬼が共存していることです」
アンネ・フランクが記した"最後の日記"から8月1日で72年を迎えた。
第2次世界大戦でのユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の生き残りとして、生涯にわたってユダヤ人犠牲者や圧政に苦しむ世界の人々のために活動した。
イタリアの写真家であり映画監督であるルカ・フェラーリ氏が、ミラノ中央駅の21番プラットフォームから、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所までの電車の旅を写真に収めた。
世界各地の国連広報センターでは、この国際デーの意義を広め、多くの人に歴史から学ぶことを促しています。