hoshaseibusshitsu

キセノン133は半減期が約5日と短く、自然界に存在しない物質のため、検出されれば核実験の実施を判断する決め手となる。
「福島原発事故は、この母なる故郷を永遠に奪い去った」避難指示解除後の現実に、渡辺さんの苦悩と憤りは癒やされぬままだ。
過去にこれほどの内部被曝をした例は、国内ではないという。
今後100年間密封、管理される。
より安全な核技術の確立と普及に努めようとしている新世代の科学者たちがいる。
燃料取り出しの先には、「核燃料デブリ(燃料と被覆管などが溶融し再び固まったもの)」の取り出しが待っている。その工法はまさに人類初の挑戦だ。災害で完全に破壊された原発の廃炉はこれまで例がないのだ。
震災から4年がたっても、医師らへの質問は「外遊びをさせても平気なの?」など、震災直後のものとほとんど変わっていない。放射線に関する情報について、何を学ぶべきなのか。
私は昨年の今頃にも福島第一原発を訪れているが、この時に見せてもらったALPSは、「高性能」という言葉がついていないALPSだった。
福島第一原発の汚染水が海に流出していたことを東京電力が公表していなかった問題で、東電の廃炉責任者は26日、流出元になった排水路の放射性物質の測定データについて随時報告を受けていたことを明らかにした。