hoshasenryou

子供たちの日常生活における行動一つ一つが、如何程彼・彼女らの被ばく量に影響しているのかを検証致しました。
政府は、北朝鮮が水爆実験を実施したと発表したことを受けて緊急の「放射能対策連絡会議」を開き、国内の放射線量変化の監視を強化することを決めた。
燃料取り出しの先には、「核燃料デブリ(燃料と被覆管などが溶融し再び固まったもの)」の取り出しが待っている。その工法はまさに人類初の挑戦だ。災害で完全に破壊された原発の廃炉はこれまで例がないのだ。
飯舘村比曽地区では、除染完了宅地の放射線量が下がらず、農地除染の完了や、汚染土の仮置き場の撤去の時期もあいまいだ。住民は「これで帰村しろと言うのか」と怒る。
私は先日、漫画『美味しんぼ』の鼻血騒動に思わず乗ってしまったが、議論の推移を見守っていて、とても不思議に思ったことがあった。「なぜ、放射線による直接的な健康被害の有無にこだわるのだろうか?」という疑問である。放射線の直接的な影響についての評価には不明な点が残るが、精神的な影響を介した広範な健康への被害については、明らかに存在していると考えられるからだ。
シリーズ「美味しんぼと"三国鼎立"」最終回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。最後となる本記事では「エピローグ」と題しまして、「美味しんぼ 福島の真実編」をマンガ作品として評価したいと思います。
このシリーズのタイトルにずっと「三国鼎立」という言葉を使い続けてきましたが、過去3回の記事では、これが何を言わんとしているのか、触れてきませんでした。
「美味しんぼと“三国鼎立”」第3回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。2013年8月5〜7日、板橋民主党の議員でいわき市・南相馬市・喜多方市の視察に赴きました。仮設住宅に住まう住民に向きあい、被災者同士の断絶に悩み、除染に取り組み、風評被害解消に尽力する、福島の基礎自治体の姿を見てきました。
政治の実現のために重要なことは、「事実」と「正論」を揃えることです。事実と正論は車の両輪です。この二つが揃って初めて、多くの人々に対して求心力を得ることができます。
原発作業員の事故では福島第一原発の常駐医師はどのように対応したのだろうか。「常勤医師」の関与が気になって、東京電力広報部に取材してみた。