hyo

今は晴れている所でも急に雨雲が発達し、雨の降り出すおそれが
関東甲信エリアでは大気の状態が不安定となっています。
7月18日、関東地方で大気の状態が非常に不安定になり、東京の都心も激しい雷雨に見舞われた。一部の地域では大粒の雹(ひょう)も降った。
6月24日、関東地方で大気の状態が不安定になった影響で、東京都三鷹市や調布市などの一部地域で大量のひょうが降った。
関東は、24日午後も所々で雨雲や雷雲が発達中。宇都宮の今月の雷日数は9日と、6月では統計開始以来1位タイの多さに。
急速に発達している低気圧を寒気の影響で、東京都心で12月20日13時半ごろ、ひょうが観測された。15時過ぎには、初雪を観測した。関東地方では、夕方にかけて急な強い雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうなどに注意が必要だという。