hyuman-raitsu-wotchi

ヒューマン・ライツ・ウォッチのロシア代表タニヤ・ロクシナは「堅固で開かれた社会の礎は透明性にある」と述べる。「ロシアの指導層はG20同盟諸国の声に耳を傾け、厳重な取締りは開かれた社会の利益を促進するどころか、それに相反するものであることを認識する必要がある。」
(ニューヨーク)­-- 2013年8月21日のシリア政府軍による攻撃について、ダマスカス郊外の東・西ゴウタの目撃者は、神経ガスの使用と一致する攻撃方法および症状を訴えている。これにより、数百人が死亡し、その他数百人が負傷した。
イラン司法権は、不公正な裁判で有罪とされ、2013年7月に判決を通知された、スーフィー教団の11人に対する容疑を取り消し、判決を撤回すべきだ。現在収容中の人々は即時無条件に釈放されるべきである...
(ロンドン)-シリア政府は生徒たちを尋問し、学生による抗議を暴力的に弾圧、さらには学校に軍事攻撃を加えている。政府軍と反体制派武装勢力の双方が、学校を軍事基地や兵舎、拘禁施設、狙撃拠点として使用している。これにより学びの場が軍事目標と化し、生徒たちが危険にさらされている。