ibd

「ワークシックバランス」が求められる時代。製薬会社ヤンセンファーマが力を入れる炎症性腸疾患(IBD)患者への取り組みから見えてきた、新たなダイバーシティ&インクルージョンの課題。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
病気になっても自分らしく働くために。就労世代の3人に1人は持病を抱える時代、製薬会社ヤンセンファーマが新しい試みを始めた。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
5月19日は、世界IBDデー。「病気を抱えながら、働く」を考える。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ株式会社