ichiokusokatsuyaku

安倍総理が再び宣言した「経済最優先」で「人材投資、人づくり革命」という看板が実現するのかも注目だ。
「女性は子どもが生まれたら育児に専念する方が少子化は止まる」という母業専念議論は、少子化を研究する研究者にとって「それはない」議論である。
2010年前後から現在にかけて、日本における外国人労働者に関する実態について、「変わったこと」と「変わらないこと」という観点から関連データを整理した。
育児も大変だが、介護は終わりが見えない。「一時期だけムリすれば」はまったく通用しない。仕事と介護の両立ができないと継続しない。
単に「若い」とか「かわいい」とかで判断するほうもどうかと思うけれど、女性も、何かの専門になるとか、自らを鍛えていかなければと思います。
上野氏の発言に対してネットを見ていると「移民を治安悪化に結びつけるな」「平等に貧しくなるはずなどないだろう」といった批判が多いようです。
「働き方改革実現会議」が始まった後、電通の高橋まつりさんの過労自殺の認定や社長の引責辞任...と「命を守る労働時間の上限」には反対できない空気を作ったのだと思います。
女性向け求人サイト「エンウィメンズワーク」上で「結婚・出産と仕事」に関する意識調査を実施。20〜40代を中心に628名から得た回答結果をまとめました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
旧民主党政権時代には主婦層の反発受け断念していた。
厚生労働省は13日、職業能力開発校で、精神障害者や発達障害者を対象とした訓練科目を拡充する方針を固めた。