icpf

「障害者」を「障がい者」に書き換えるべきではないという熊谷俊人千葉市長のツイートが反響を呼んでいるという。
シェアエコノミーは地域創生にも活用可能で、経済を効率化する新しい考え方であるが、説明してきたように、数十年前から続く制度(法律・規制・慣行・思い込みなど)が、活用を阻害している。
御嶽山が噴火した時、自衛隊・警察・消防が必死の救援活動を実施したことは記憶に新しい。彼らの、命を懸けた努力に改めて感謝し、敬意を表したい。それでは、彼らは、現地でどのように連絡を取り合っていたのだろうか。気になったので調べてみた。
金融機関は起業家に対して冷淡で、起業資金を貸し付ける際には不動産を担保にとるのが普通だった。これに対して、金融機関がクラウドファンディングを仲介するようになれば、自らの資金を貸し付ける必要はなくなる。
古民家や映画館などを空き時間に貸し出そうというオーナーと、イベント会場を探す利用者を、ネットで仲介するのがスペースマーケットである。
朝日新聞が「電子書籍、消える蔵書 企業撤退で読めなくなる例も データ、所有権なし」という記事を掲載した。電子書籍事業から撤退するローソンが購入額相当をポイントで還元することを紹介したうえで、購入したと思っても実際には閲覧する権利だけの場合があり、企業の都合で電子書籍の閲覧が不可能になる場合があると注意を促している。