idenjoho

がん発生の基盤となるような異常な遺伝情報が蓄積する新しい細胞内の仕組みを、東京大学大学院医学系研究科の大学院生、安原崇哲さんと宮川清教授らが見つけた。
エピジェネティクスの代表格のDNAメチル化をマウス個体全身の細胞で生きたまま可視化することに、大阪大学微生物病研究所の上田潤特任助教と山縣一夫特任准教授らが世界で初めて成功し、このマウスを「メチロー」と名付けた。