idenshi

今回はそんな、遺伝と病気との関わりについて解説します。
真の青を実現するには「もう一工夫」が必要であった。
ヒト胚の病原性変異の修正にゲノム編集を適用できる可能性はあるが...
CRISPR-Cas9技術を使った遺伝子編集によって、生きたマウスからHIVのDNAを除去することに成功した
4月6日(米時間5日)、興味深い研究論文が発表されました。「不眠になりやすい体質」が判明したかもしれないというのです。
「アルビノ」のようなものは、検索して出てくるWikipediaなどを読んでみても、いまいちよくわからないことが多いと思います。
過去に起こった事象の強さや長さを記録する機能を付加したヒトの細胞を、ゲノム編集システムを使って、MITの科学者たちが作った。
「地球上からこの病気を撲滅させるという、我々の最終的な目標にまた一足近づいています」
政府の生命倫理専門調査会は22日、特定の遺伝子を改変できるゲノム編集をめぐり、ヒト受精卵の操作を伴う基礎研究を条件つきで認めた報告書について大筋で合意した。
腱やじん帯の修復、再生医療への応用が期待される。