idenshikensa

注目の若手計算生物学者・仲木竜さんに、ゲノムが原因で病気になる理由をはじめ、その実態について分かりやすく教えてもらいました。
血縁など自分のルーツに関する情報をはじめ、今、これまで知ることのできなかった自分に関する膨大なデータが爆発する時代を私たちは迎えようとしています。
遺伝子検査によって、1人ひとりの体質にあった「個別化医療(personalized medicine)=オーダーメイド医療」の実現が期待されています。ところが、その「個別化」の裏には、実は「差別化」という問題が潜んでいます。
遺伝子診断は、まだ発展段階だ。「現代の星占い」と揶揄されても仕方のないレベルのものもある。ただ、私は試行錯誤を繰り返して発展していくと考えている。何事にも試行錯誤が必要だ。
フランス国立科学研究センター名誉研究部長であるベルトラン・ジョルダン博士の来日を記念する講演会「自閉症と遺伝」がこのほど都内で開かれた。
遺伝子検査が珍しくなくなりました。親から子へと受け継がれる遺伝子の本体であるDNAについて、今の多くの大人たちは学校で教わりませんでしたが、最近の子どもたちは、中学理科の時間でメンデルの法則などと共に学習しています。
先般、記事「遺伝子検査とオーダーメイド医療:ビッグデータ解析の新たな可能性」を投稿した。その中で、米国企業23andMeが99ドルでの遺伝子検査ビジネスを拡大していたが、米食品医薬品局(FDA)に警告され、昨年11月にサービスを停止したと書いた。
大沢樹生と喜多嶋舞の間で、息子は実の親子かどうかの醜い争いが続いている。異なる遺伝子検査結果が報道され、真実は闇の中である。昨年5月には、遺伝子検査の結果に基づいて乳がんのリスクを減らすために乳房切除手術を受けたと、アンジェリーナ・ジョリーが告白し話題になった。
遺伝子検査では病気リスクや身体的特徴だけでなく、自分のルーツを知ることもできます。なぜか見知らぬアメリカ人から「よっ兄弟!」という感じでメッセージが届きました。訊いてみると、どうも彼のお祖母さんが日本の方で、彼は私とは共通の高祖父母を持ついとこ関係に当たるようです。