igirisusosenkyo

Twitter上には「#dogsatpollingstations(投票所の犬)」というハッシュタグを添えて、外で飼い主を待つワンちゃんたちの写真が投稿されています。
今回若者の投票率が高かったのは、EU離脱が決まった昨年の国民投票の教訓が活かされた点も大きい。
イギリス総選挙(定数650)の大勢が判明した。メイ首相率いる保守党は過半数割れに。首相は記者会見し、続投の意向を表明した。
イギリス総選挙が6月8日、投票が締め切られ、開票作業が進んでいる。BBCによると、与党・保守党は第1党の座を維持するものの、確実にしたものの、過半数割れも確定した。メイ首相の責任論が浮上しそうだ。
テリーザ・メイ首相が率いる与党・保守党の支持率は、一時は最大野党・労働党を20%以上引き離し「歴史的大勝」になるとも予測されていました。ところが総選挙を間近に控え、支持率が低迷。「過半数を割るのでは」という声もでており、予断を許さない状況です。
イギリス下院は、2020年に予定されていた総選挙を6月8日に前倒しする動議を、賛成多数で可決した。
近年、最も予測困難と言われた英国の総選挙は、与党・保守党が下院の過半数の326議席を超える331議席を獲得する結果に終わった。予想外ではあったが、順当な結果でもあった。
英国のキャメロン首相は11日、自らが率いる与党保守党の総選挙での圧倒的な勝利を受けて、公約の英国と欧州連合(EU)の関係見直しの議論に着手する考えを示した。
英国で7日に行われた下院総選挙(定数650)では、キャメロン首相率いる与党保守党が予想外に票を伸ばし、実質的に単独過半数を獲得した。
イギリス議会に20歳の女性国会議員が誕生する。過去350年間で最年少。現役女子大生のマリ・ブラックさんとはどのような人なのか。