ikuji

子どもの〝好きパワー〟は大人の想像を遥かに凌駕することをはじめて知った、ある出来事。そして我が子の成長を喜びつつも切なさもワンセットでやってくる、そんなお話です。
「男性には生理がないから知らなくていい、なんてことはありえない。母親や姉妹など身近な女性の体の仕組みについて正しい知識を持つのはとても大切なこと」。「ずっと性の話をしたかった」というSHELLYさんインタビュー、第二回です。
バイブレーション機能がついた「シルウォッチ」が便利。iPhone用のOSの最新版でも「サウンド認識」が搭載されています。
娘さんの子育て経験をまとめた『ハーバード、イェール、プリンストン大学に合格した娘は、どう育てられたのか』。子育てに全力を注いだ日々を振り返りながら、子育てで大切にしていたことについて薄井シンシアさんに話を聞いた。
名前のある家事の周りにある、たくさんの「名前のない家事」。難しいのは、これが大きな負担であることを理解してもらうことだ。
多分、もっと気楽にやれば良いんだろうと思う。しかし、どんな場でもそこにふさわしい振る舞いをすべきだと、母親になった自分自身に厳しい目を向けている。私が怖いのは他人ではなくて、自分自身なのだ。
自身も女性差別に苦しんできたという、太田啓子さん。なぜ今、男の子たちへ向けてメッセージを送るのか。
「あんたたち、めちゃくちゃ眠いんだよ~、すんごい眠いんだよ~」。カオスな日常を自虐的に描いたリーネの作品が、デンマークの女性たちから支持を得ている。
2020年の夏はおうちで水遊び。親子で安心して楽しめます
ハフコレ編集部
産後うつや少子化などの問題を解決するためにも、「男の産休制度」を導入し、夫婦で一緒に育児のスタートを切ることが重要です。